花からハチミツができるまで

オーロラハニーを含め蜂蜜は蜂が作る蜜を、蜂から分けていただいています。
蜂たちはどのようにして蜂蜜を作るのか、ここで解説します。

蜂にはそれぞれ役割分担があり、花を回る蜂は壮年の蜂です。
>> 完全分業のミツバチの生態

まず、蜜を集める係の壮年の蜂たちが、花を回ります。

蜂は学習能力があり、蜜を出す花を見分け、蜜を出す時間、場所をすべて把握しています。
無駄なく蜜を集め巣に返ってきます。

蜜を運ぶ際は、体内に一度格納して巣まで運びます。

巣に帰ったら、蜂箱の管理をしている働きバチに集めてきた蜜を渡します。
管理している働き蜂が、順番に巣に詰めていくという流れです。

ちなみにこの段階ですでに蜜はショ糖が分解されブドウ糖や果糖に分解されています。

honey

巣では、水分を蒸発させるように風を送ったりして熟成させていきます。
水分量が多いと発酵することが多く、保存に適しないです。

この手間を省き、熟成前に蜂から出して人為的に加熱することもできます。
ただ、水分量は減りますが、加熱により大切な成分が失われてしまいます。

こだわった蜂蜜を作っている養蜂家は、時間をかけ蜂が熟成させるのを待ちます。
もちろんオーロラハニーも加熱をせずつくっています。

その後蜂箱から取り出し、遠心分離機で離蜜、数回のろ過を重ね詰めます。