養蜂で困るのは野生の熊。

養蜂場で一番困るのは野生の熊です。

くまのプーさんじゃないけど、熊は蜂蜜が大好きです。
ただ、食べ方が乱暴で、巣箱・群れを破壊して食べるので困ります。

アラスカには野生の熊がたくさんいるのですが、今のところオーロラハニーの蜂箱が被害をあうことはありません。

養蜂は野生環境なので、熊以外にも困る被害があります。

honey

熊の他の害獣

蛾:

一部の蛾は、蜂のミツロウを食べます。
巣が壊れてしまうのでとても困ります。

その他は、巣が全滅するほどの被害はなく自然の食物連鎖の一環です。
巣箱の周囲の雑草などをきれいに手入れしておかないと虫がどんどん湧いてきます。

怖いのはカエル。
蜂をパクパクと食べます。

巣箱の出入り口の前に座り、出てくる蜂を器用に食べます。

その他にアリ、ムカデ、カマキリなどもちょくちょく巣箱に侵入し蜂を捕食します。
クモも糸をはり、蜂を捕まえます。

働き蜂の針は、人など哺乳類に効果があるけど、昆虫には全く効きません。

スズメバチ。
アラスカで見かけたことはないので、おそらくいないのだと思います。
巣を全滅させることがあります。

獣害という大きな被害は熊とスズメバチくらいです。
あとは自然の食物連鎖の一環で命のやり取りをしています。

養蜂をしていると、蜂が食べられることが可哀想にも感じますが、自然の摂理です。