はちみつが固まるのはなぜ?正しく戻し方をしないとダメ!

蜂蜜は美味しいのですが、なかなか瓶をすぐに食べきるのは難しいですよね。
肌寒い時期になると、瓶の中で固まることがあります。

結晶化というのですが、知らない人は「腐った」「保存期間が終わった」と思い捨ててしまう人もいます。
結晶化そのものは品質に全く問題ありません。

捨ててはいけないし、高い熱で溶かししまってはせっかくの蜂蜜の良さが失われてしまいます。
ここでは、結晶化の原因、結晶化から液状までの戻し方など解説します。

honey

結晶する理由

結晶化には理由があります。
蜂蜜に含まれるブドウ糖(グルコース)が固形化するためです。

蜂蜜の主な成分はブドウ糖と果糖でできていて、ブドウ糖は水に溶けにくいためです。
水分量が低いため、温度がさがり、水に溶け切らないブドウ糖が固まりとなって沈んでいくのです。

固形化する温度も決まっていて 5-14℃です。
一度開けて、冷蔵庫に入れると固まってしまいますので注意しましょう。

ちなみにすべての蜂蜜が結晶化するのかというとそうではありません。
蜂蜜によってブドウ糖や果糖、水分量が異なるので結晶化には差があります。

一般に結晶化しやすいのは、水分量が少なく、ブドウ糖の割合が多く含まれる蜂蜜。
結晶化にくい蜂蜜は水分量が高い、ブドウ糖の割合が低い蜂蜜です。

ちなみに、オーロラハニーは水分量が少なく、ブドウ糖の割合が高いため結晶化しやすいです。
結晶化しにくい蜂蜜の代表はアカシア。

結晶化を戻す方法

面倒な場合はそのまま食べても良いです。
結晶化しているブドウ糖が多く含まれる部と液状の果糖が含まれる部を軽くかき混ぜます。
独特のシャリシャリの食感があり、そのままトーストやヨーグルトにかけて食べることができます。

特にトーストにはしっかりとのるので、シロップのように垂れることも少ないです。

結晶化を戻すには、低温で湯煎します。
35℃程度の温度でゆっくり混ぜます。

40℃よりも高い温度で湯煎すると、蜂蜜も高温になってしまいせっかくの成分が失われます。

低温で行う湯煎はそれなりに時間がかかります。
量や結晶化の状況にもよりますが大変ではあります。

できるだけ結晶化させないように正しく保存することが大切です。

正しい保存方法

蜂蜜は栄養価も高く、保存食として優秀です。
温度と湿度を管理することで、長く保存ができます。

冷蔵庫にいれず、あまり湿度の高くないところがベストです。
保存がきくとはいえ、できるだけ早く食べきるとよいですね。