はちみつの効果的な食べ方について

はちみつをどのように食べるのが効果的なのでしょうか。

テニスの4大大会を12回優勝し、世界ランキング1位を122週も維持していたあのノバク・ジョコビッチ選手の著書「ジョコビッチの生まれ変わる食事」に蜂蜜に関する記述があります。
P135「毎朝必ずスプーン2杯のはちみつをとる」このように書かれています。

天然のフルクトース(果糖)を体内に摂取することがとても大切だということです。

オーロラハニーは糖質が70%を超え、40%がフルクトースで構成され、残り30%近くをグルコースです。

フルクトースは血糖値を急激にあげることはないので、血糖値をあげることなく糖質を摂取できます。

高血糖は血中のブドウ糖が多い状態のことですが、膵臓から分泌されるホルモンで、インシュリンが足りなかったり、することで病になります。
高血糖の状態が続くと、目や腎臓や神経の微細な血管が障害され、糖尿病性の網膜症、腎症、神経症になっていきます。

はちみつは血糖値を急激に上げることなく、糖分を摂取できます。
さすがに、トップアスリートのようにスプーン2杯は多いかもしれませんが、毎朝1杯のはちみつは体にとってとてもいい影響があると考えます。